SERVICECIOサービス

Microsoft 365活用支援

Microsoft 365活用による業務効率化

効率的かつ革新的な業務プロセスを実現したいとお考えの企業様向けに、Microsoft 365を活用した当社の迅速な開発、運用の刷新による、トランスフォーメーションを牽引します。

Microsoft 365に付帯されている、ローコードでの開発可能なPower Platformアプリケーションを使用することで、IT部門に依存することなく、各部門が自らのニーズに合わせたアプリケーションを作成し、スピーディに効果を実現いただけます。

既存の個別業務を効率するためのアプリケーション設定にとどまらず、業務全体のフローから見直して全体最適化を図ることやデモ作成・ご確認をスピーディに繰り返すことで、貴社DXを推進いたします。

定型業務の自動化を推進します

  • 業務改善のための予算や工数をかけられない
  • 定型的な業務が多く、人手が不足している
  • ツールの内製化ができず、仕様変更が遅く費用がかかる
  • 社内データの分析・活用ができていない

サービスの特徴

業務フロー再構築

  • ■業務フローのAsIsとToBeを作成して、課題のヒアリングを行います。
  • ■業務の全体最適化を図るために、ロードマップの作成や課題解消を推進します。

製品・ライセンスを購入する必要なし

  • ■基本的にはMicrosoft 365ライセンス内にあるPower Automate、Power BI、Power Appsなどのアプリケーションを使用した自動化を行うため、既存でMicrosoft 365ライセンスをご使用されている場合は、追加のライセンス費用の発生はいたしません

豊富なメニュー

  • ■簡易的なアプリケーション開発やBIダッシュボード、チャットボット、FAQ、ワークフロー、照会ツールなど、業務効率化することができるメニューや実績が豊富にあるため、お困りの業務をヒアリングした上で最適な組み合わせでメニューをご提案

データ活用の推進

  • ■データ活用を行う上でのデータベースの項目整理やダッシュボード構築、分析活用支援など、データ分析に関する一連の流れをサポートできます

ノーコード・ローコード

  • ■プログラミングをほとんど必要としないノーコード・ローコードが特徴のMicrosoft 365製品を中心に設定を進めるため、ベンダーロックインが起きにくく、簡単な設定変更などは内製化しやすくなります。
  • ■お客様の運営方針に合わせて、設定したアプリケーションの設定ドキュメント納品や運用保守など請け負うことも可能です。

導入フロー

STEP01|過去事例の紹介

過去の成果物サンプルや導入前後のフロー、削減効果などをご説明することで、どのような業務を効率化の対象とできそうかご確認させていただきます。

STEP02|サービス申込

導入規模や時期から見積もりを行い、サービスの申込を行います。

STEP03|業務課題の台帳記載

お客さまにある時間がかかる定型業務や具体的な課題を台帳に記載していただきます。
台帳フォーマット弊社からご提供するものにご記載いただく想定です。

STEP04|実現方法の確認、課題の詳細ヒアリング

台帳に記載いただいた課題をもとに、Microsoft 365での業務効率化の可否や実現イメージなどのすり合わせを行います。
個々の課題に対して、現状の業務フローのヒアリングを行います。また、ToBeの業務ローや自動化範囲の確認を行います。

STEP05|Microsoft 365設定・デモ確認

課題に対応するMicrosoft 365アプリケーションの設定を行い、スピーディにデモツールの確認をしながら運用開始を目指します。

料金

M365ライセンスを既に導入済の場合は、役務提供費用のみ別途お見積りさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください

     

お問い合わせはこちら